お知らせ

大将の経歴

2014.07.16

九州出身。中学時代に愛知県に移り、三河高浜で中学時代を過ごす。
当時は金銭的な余裕も無く、中学を卒業した翌日から入りたいと思っていた「だるま寿し」の門を叩く。ここから修行の時代を過ごす。
その後豊田に移り、2年後別のすし屋で修行を積む。 ハタチを越えてから、地元九州と愛知を数年単位で行き来しつつ、様々な寿司屋をはじめ、寿司屋の醤油の製造会社なと他業種での経験を積む。 もともと物覚えはよく、このころより様々な店舗の立ち上げに関わる。
再び名古屋へ戻り、27歳の時に大須の寿し屋で5年間修業した後、とある大きなお店の立ち上げに関わる。
オープンさせた後、方向性の違いにより離れ、33まで再びすし屋での修行を積む。
33歳の時、まとい寿しのオーナーから誘いを受け、会社にして共同経営で事業を拡大。
39歳の時に会社として塩釜口に新たに100坪の新店舗をオープンさせるも、時代の流れで会社がまとい寿しから撤退する事になり、個人経営として大将がまとい寿しを引継ぎ、現在に至る。

PAGE TOP